BIOGRAPHY


森田槙のミュージカル作詞・作曲家になるまでの生い立ちを紹介。

森田槙

1987年9月5日生まれ、神奈川県横浜市出身

 

 

 

1. 幼少期~青年期 1987-2006

2. アメリカ留学(前期)2007-2009

3. アメリカ留学(後期)2012- 


1. 幼少期〜青年期 1987-2006

1歳児の森田槙
1歳児の森田槙

1987年の9月5日、森田は神奈川県横浜市に誕生。出生体重は4130gもあり、彼の母親は「とにかく大きな体で、泣くときは大声。ジッとしてはいられない、元気すぎる赤ちゃん」と表現する。言葉も覚える前から鼻歌を口ずさみ、他人のピアノ演奏を見るときは自身も両手をバタバタと動かしながらピアニストになりきる息子の姿を見た両親は、彼が2歳半のときにリトミック教室へ、3歳のときにピアノ教室へと通わせる。

 

リトミック教室とは、音楽的潜在能力を子供達が自ら引き出せるよう、19世紀末にスイスの音楽家であるエミール・ジャック=ダルクロースによって考案された音楽教育法を指します。リトミックは大きく分けて、2種類のプログラムで構成され、①三拍子を手で叩きながら二拍子を足で刻んだり、音の強弱やリズムなどを全身を使って表現する、音楽的身体能力を育てるプログラム、②音符や音階といった音楽の基礎理論や、聞こえた音を譜面に書き起こす(採譜)など、音楽的知識と技術を養うプログラム。森田はこの教室で、12歳の時に初めての作詞/作曲を経験。2000年の春に全履修過程を終えた彼は、リトミック教室を卒業。一方、ピアノ教室では、最初はピアニストの登竜門的な練習曲を演奏するが、徐々にショパンやビートルズなど、ジャンルを気にせずに好きな楽曲の譜面を持ち込むようになり、ピアノ教室は17歳まで通い続ける。その後も毎日ピアノに触れ、そのうち譜面が見つからない場合は採譜するようになり、やがては譜面探しすらしなくなり、自己流で演奏していくようになってゆく。

リトミック教室発表会の森田槙
リトミック教室発表会の森田槙
ピアノ教室発表会の森田槙
ピアノ教室発表会の森田槙

 

幼い頃から、東京ディズニーランドで使用される音楽に夢中となる。また、当パーク関連本も多く出版され始め、細部まで徹底して創り込むディズニー流の創作法の特集記事があると、食い入るように何度も読み返す日々を過ごす。同時期、彼は多くのディズニー映画や『サウンド・オブ・ミュージック』『ウェストサイド物語』『雨に唄えば』などのミュージカル映画に、VHSテープが見過ぎで擦り切れるほど没頭し始め、2003年、彼が16歳のときに日本公開されたミュージカル映画『シカゴ』をキッカケに、  “音楽のある楽しい空間” という言葉でしか表現できなかった彼の興味は、 “音楽でストーリーを語る世界=ミュージカル” という具体性を持ち始める。映画『シカゴ』の大ヒットは、70年代以降ハリウッド界でほぼ瀕死状態にあったミュージカル映画に再び黄金期をもたらすと同時に、メディア媒体はVHSテープからDVDとなり、特典映像として映画のメイキングが収録されたDVDが一般化。こうした時代の変化は、彼のミュージカルへの興味は “観る” ものから “創る” ものへ変化させてゆく。

ディズニー映画に夢中になる森田槙
ディズニー映画に夢中になる森田槙

何がそこまで映画『シカゴ』が彼の心を動かしたのか。それは、現代社会を痛烈に皮肉ったストーリーはもちろんのこと、DVD特典映像で語られている、映画の基となった舞台ミュージカル生みの親、ボブ・フォッシーという男の存在。ボブ・フォッシーは元々ダンサー出身で、70年代に演出家/振付家として活躍。当時、フォッシーの頭は薄くなり、猫背でバレエダンサーとのようにつま先を大きく開けない...と、ダンサー向きではない体型コンプレックスを逆手に取り、帽子を前かぶりにして肩を丸めて猫背を強調しながら異常なまでの内股で歩く、という独自のスタイルを作り上げ、唯一無二の芸術家として一時代を築いた。まだ思春期の森田は、ポップソングを聴くのが『普通』の世の中で、ミュージカルや映画音楽、クラシック音楽などへ興味を持つこと自身にコンプレックスに感じ始める。徐々に、学校では流行音楽が好きなフリをし、世間から隠れて本当に好きな音楽を楽しむ彼は、自身のコンプレックスを最大の武器としたボブ・フォッシーを知り、徐々に自身の興味を誇る力を得る。彼は当時のことを、

  

「危ないところでしたよ。自分を消すだけの価値が『普通』にあったのかと聞かれれば、答えはもちろんノーです。デリケートな年齢でしたし、みんなと同じになろうと考えてしまうのも、当然でしょうけど。結果、自分を世間から隠してしまいましたけど、消し去りはしなかった当時のマキちゃんに感謝です。本当に。」

 

と振り返る。こうして、彼のミュージカルへの “憧れ” は “目標” へと徐々に移行してゆくのである。 


2. アメリカ留学(前期)2007-2009

2007年、ミュージカル演出家になる “目標” を持った森田は、19歳で演劇を学ぶためアメリカへと渡る。ネバダ州リノにあるネバダ大学リノ校附属語学学校【I.E.L.C. at University of Nevada, Reno】で留学生必修英語コースを受講。授業課題で行われた芝居で、彼はチャールズ・ディケンズの『クリスマス・キャロル』の演出を担当。また、オリジナル・クリスマスソングを作曲し、コース卒業の際には特別賞を授与される。

執筆中の『The Pinkies』脚本
執筆中の『The Pinkies』脚本

 その後、トラッキー・メドウズ・コミュニティ・カレッジ【Truckee Meadows Community College】へ進学し、彼にとって初のミュージカルの授業を受けることとなる。しかし、当カレッジでの演出担当は教授自身であるため、演出家志望の彼は自身で演出のできる環境を作り出す必要性に迫られる。こうして、21歳を迎えたばかりの彼は「自分で書いたものなら演出できる」と思い立ち、日本のポップロックバンドの自伝を基にして脚本/作詞/作曲をした、自身初のオリジナル・ミュージカル『The Pinkies』を書き上げる。実際に上演される機会はなかったが、彼曰く、

 

「ミュージカルを “書く” 作業は、迷路みたいに入り組んで、楽しいんだって気づいた瞬間でした。もちろん自分の知識不足に少し落ち込みましたけど、それを補うことで頭にあった構想が崩れて、良い意味で自分の想像を超えたストーリーや曲が出来ていく。これには興奮を覚えましたね。当時は漠然と “創る” = “演出” だと思ってたんですが、このときをきっかけに道にかかっていた霧が晴れて、自分の中での “創る” というのは “書く” ことだったんだと、ようやく分かりました。今振り返れば人生の分岐点だったんですけど、当時はとにかく作品を認めてもらうことに必死過ぎて、何も考えていなかったんですけど…(笑)」

 

森田槙、トラッキー・メドウズ・コミュニティ・カレッジ卒業式にて
森田槙、トラッキー・メドウズ・コミュニティ・カレッジ卒業式にて

こうして、2009年に当カレッジを卒業し、彼は準文学士号【Associate in Arts Degree】を授与されることとなる。


3. アメリカ留学(後期)2012-

森田槙、初のNYタイムズスクエア
森田槙、初のNYタイムズスクエア

2009年、森田はミュージカル誕生の地であるニューヨークへと移り住み、ニューヨーク市立大学【The City University of New York】の演劇学科・製作コースへ進学。演劇論や演劇史をはじめ、演出、演技、劇作法に加え、舞台セット、衣装、小道具デザインなど、多岐にわたる授業を受ける。こうした授業を受けていく中で、“ミュージカル=音楽+ストーリー” という方程式を根本に持つ彼は、音楽以外を学ぶことで音楽自体の重要性を実感し始める。こうして、 “ミュージカル演出家志望” から “ミュージカル音楽家志望” へと急激な方向転換することとなる。

 

2011年当時、映画『Sister Act(邦題:天使にラブソングを…)』のミュージカル化がブロードウェイで進んでおり、作曲担当は多くのディズニー映画音楽を手がけた作曲家のアラン・メンケン氏〔代表作:『リトル・マーメイド』『美女と野獣』『アラジン』他〕であることを知った森田は、ミュージカル音楽家へ一歩踏み出す勇気を求めるため、メンケン氏に宛てた手紙を握りしめ、稽古中である劇場を突撃訪問する。実際、メンケン氏は劇場に不在だったものの、手紙に記した森田のメールアドレスにメンケン氏から直接メールが届く。こうして、森田の作曲した楽曲を聴いたメンケン氏から、ミュージカル音楽家になることを勧められ、メンター[指導者/助言者]として彼に寄り添ってもらいながら、森田は本格的にミュージカル音楽家へと歩み始めることとなる。

    

アラン・メンケン氏と森田槙
アラン・メンケン氏と森田槙

その後、ミュージカル作詞/作曲家のモーリー・イェストン氏〔ミュージカル『NINE』『タイタニック』、若手ミュージカル音楽家ワークショップのBMI Lehman Engel Musical Thetre Workshopの代表〕をはじめ、森田は在籍もしていないニューヨーク私立大学院【New Yrok University Tisch School of Arts】ミュージカル制作学部・作曲家コースの教授など、多くの人から音楽的なサポートを受けつつ、教科書や参考書を買いあさりミュージカル音楽を習得してゆく。

 

なお、今現在もメンケン氏と森田の関係は続いており、森田は二人の関係を「私のメンターで、良き友人で父親的存在ですが、師弟関係というのは違います」と言い切る。彼は続けて、

 

「創作は直感力が必要不可欠で、鍛えるには自身の力で毎日書き上げ続けるしか方法はありません。そのことを熟知している方なので、音楽やミュージカルに関して、アランから直接『教え』を受けたわけではないです。それが私にとって最高の『教え』でした。そういう意味では、彼は私の『師』なのですが、日本でいう『師』とはちょっとニュアンスが違うんですよね。なので、私は彼を『メンター』と呼ぶことにしています。 」

 

森田槙、ニューヨーク市立大学卒業式
森田槙、ニューヨーク市立大学卒業式

こうして、2012年に大学を卒業した森田は演劇文学士号【Bachelor of Arts Degree in Theatre】を授与され、森田の学生生活は幕を下ろす。

 

2012年、大学を卒業した森田は演出家のジュディー・テイモア率いるクリエイティブ・チーム〔代表作:ブロードウェイ・ミュージカル『ライオン・キング』、『スパイダーマン:Turn Off the Dark』、映画『Across the Universe』他〕が所属するNY演劇製作プロダクション【Music-Theatre Group】にて1年間のインターンシップに参加。 

2013年、26歳となった森田の “アメリカ修行” はひと段落を迎える。帰国後、彼は作詞/作曲家として音楽活動をスタートする。

 

日本での活動経歴はWORKページにて紹介。